人は嘘をつく


 「新参者」最終話(第十話)を視聴しました。


 最高にテンポの良い流れで、

 「新参者」の最終回にふさわしいものだったと思います。

 75分の拡大スペシャルでしたが、

 まったく間延びしてません。


 開始30分で、九話かけて探してきた犯人を逮捕できました。

 逮捕した後の話が重要なので、

 この演出は良かったです。

 犯人は笹野さんだったか~。

 実は結構前から「笹野さんだろ」と思ってたんです。

 最終回放送後に、何言ってんだと思われるかもしれませんが^^;

 だってぇ、ゲストに犯人はいないと確信してから、

 三浦さんが葬式に行くシーンを観て、

 「あ、三浦さん犯人じゃないな」と思い、

 消去法で笹野さんしか残らなかったんだもん!


 加賀刑事は笹野さんに一対一で臨みます。

 ラスボス(?)ですからね。

 謎解きシーン、最高でした!

 第一話冒頭の殺人未遂事件のときと同じ迫り方でしたね。

 畳み掛けて畳み掛けて、最終的に

 「だったら~の前で~しなさい」というのが

 加賀刑事の決めセリフですかね。

 かっこよかった~!

 ドラマの構成上、仕方ないですが、

 こういう風に犯人にトドメを刺す加賀刑事をもっと観たかったです。

 続編、やるかな?^^

 しかし迷惑電話かけるシーンは笑いましたが(笑)

 なんだありゃ!


 追い詰められた笹野さんの演技が最高すぎます。

 人間、追い詰められるとああなるのか、って納得できました。

 もう逃げ場は無いのに、最後まで抵抗する姿が凄かったです。


 前回の話ですが、今思い出したので。

 加賀刑事、コマを回すとき「昔、大会で優勝」とか言ってましたね。

 「上田かよ!」と^^

 上田ですが(笑)


 香川さんの出番が少なかったのが残念。

 特に話にも絡んできませんし・・・。

 ま、香川さん観れたから、いっか。


 松宮刑事は最終回にして大活躍ですね。

 加賀刑事がカギを見落としていたのは解せませんが。

 何かと加賀刑事の陰に隠れがちな松宮刑事でしたが、

 しっかり「最終回」してくれました。


 最初はヒロインなのに出番が少ないなぁと思っていた亜美ですが、

 こちらも最終回らしい活躍を観せてくれました。

 「新参者」はキャラの観せ方が最高です^^


 上杉刑事の退職願を出していなかった小嶋刑事。

 人情、ええなぁ。

 トイレのシーンもしっかり観れました。

 てかあのアングルは(笑)


 いろいろな「嘘」が重なっていったことが、今回の事件の真相でした。

 「新参者」のテーマである「嘘」を最後まできっちり描いてました。

 ビシっと、一本芯の通ったドラマでした。


 お父さんを許せないと言っていた弘毅ですが、

 ついに両者本音をぶちまけて仲直り。

 今回の事件が起きなければ仲直りできなかったかと考えると

 ちょっと悲しいですが。


 結局たい焼きを買えない加賀刑事。

 加賀刑事、亜美、松宮刑事という構図がいいですね。

 松宮刑事はトイレ行って終わりかと思ったので

 ホッとしました^^;

 加賀刑事の「新参者です」というセリフでドラマは終了。

 終わるのがもったいないドラマでした。

 何度も言いますが、ぜひ続編を!

 原作はシリーズがけっこう出てるようですし^^




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック